タクシーの運転マナー

街中には数多くのクルマが走っています。その数多いクルマの中で都市部に行くとタクシーが多く見られるようになります。それらのタクシーは仕事として運転をしており、お客さんを乗せて目的地まで連れて行くことが役目であり、仕事であります。仕事として人を乗せるわけなので、その技術であったり、マナーは大変重要なポイントとなります。クルマの運転は走るスピードであったり、ブレーキのタイミングであったり、車間距離であったり、信号で止まるタイミングであったり、追い抜きであったり、人それぞれの特徴があります。乗っているお客さんはある意味命を預けているので、気になる要素です。よってタクシーの運営会社は運転手の教育が大切なのです。その一貫か、最近では車内にお客さんからの声を聞くような取り組みも多く見られるようになってきました。そういった取り組みの成果か全体的にマナーが良くなってきていると感じられるようになっています。仕事はお客さんが必要として利用されてこそ成り立つので各社マナー向上などの取り組みをして努力しているのです。この例だけでなく、サービスを受ける側のお客の立場で見ると最近は企業努力によって、恵まれたサービスを受けれるようになっています。

タクシーの運転手の給与水準について

タクシーの運転手の給与水準は、個人ドライバーか雇われドライバーかによって異なります。個人ドライバーの場合は、完全に出来高制であり、営業中に稼いだ売上げがそのままドライバーの給与となります。つまり営業中に多くの利用客を捕まえる事が出来れば給与は高くなりますし、逆に全く利用客を捕まえる事が出来なければ収入はゼロとなります。個人ドライバーの給与水準は人によってまちまちであり、稼ぐ人は月に100万円以上稼ぎますが、稼げない人は月に10万円も稼げない事もあります。個人ドライバーは好きな時に営業できるので、休みたいと思えば休めますし、逆に24時間働きたいと思えば働けます。長く営業したからといって利用客が多く捕まえられるとは限りませんが、一般論としては頑張って長く営業している人の方が稼いでいると言えるでしょう。一方の雇われタクシー運転手についてですが、雇われドライバーの給与体系は、一定の固定給プラス出来高払いというケースが多いです。固定給の水準はタクシー会社によってまちまちであり、高い所では30万円程度ですが、安い所では10万円程度という所もあります。出来高払いの部分については、実際に稼いだ額の20パーセントから50パーセント程度がドライバーの取り分となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*